FXで勝つための要素は〇〇!!

どうもロキソペです!

トレードをするときに、大半の人はチャートを見ると思いますが、勝っている人と、負けている人は、チャートの見方が違います。

もちろん、誰でもただ、ボーっと見ているわけではないでしょうが、勝っている人は〇〇を持った視点で見ています。

なんだか分かります??

ランキングエントリー中です!!【応援クリック】よろしくお願いいたします
ランキング急上昇!!!現在のランキングは?=何位?


人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

ズバリ○○は、『基準』です!!

どういうことかというと、相場は上昇トレンド、下降トレンド、レンジ相場とありますが、結局は、上がるか?下がるか?だけの2択です。

じゃあトレードする上で、今のレートより、上がるのか?下がるのか?判断出来ない時は、

「どこを超えれば上がりやすいか?」「どこで止まれば下がりやすいか?」

「そして、どこでまで行きそうか?」

それらは、全て『基準』を持って、トレードシナリオを考えるわけです。

この『基準』が無いと、トレードに一貫性がなく、サイコロを振ってトレードしているのと変わりありません。

上記画像は基準の例の一つです

  1. 「長期足のサポートライン」で反発
  2. 「短気足のレジスタンス」も上に抜けたので、レート〇〇の水平線まで目指すはず
  3. 途中で「1時間足の移動平均線」がある
  4. この「移動平均線」を超えれば、「レート○○の水平線」まで行くはず
  5. 「レート○○の水平線」は強力なので、反発すれば「1時間足の移動平均線」まで戻る可能性がある。

解説すると、①の状況なら順張りのロング優先で考えます。

②の状況であれば、さらに上昇の可能性は高くなります。

③にタッチしたとき、一旦戻されるかもしれません。

今回は、トレンドライン・水平線・移動平均線を例に出しましたが、ようはこれが『基準』なんです。

  • 基準を超えれば、さらに上昇し目標を目指す動き
  • 基準で止まれば、戻され目標未達

ただ、これだけのことです。

ですから、これら『基準』に近づいたときに、どんな動きをするのかを、よく観察するんです。

一気に抜けるのか?何回もはじかれて、抜けるのか?

抜けた後に、どの位で戻ってくるのか?

エントリーにしても、決済にしても、同じです。

この明確な『基準』があることで、躊躇なくエントリーも出来て、躊躇なく決済もできるのです。

この『基準』を超えたのに、一気に伸びないということは「上昇の勢いは完全に失速した」と判断できて、決済の準備に入れますよね。

こういった『基準』を何パターンも用意出来るようになってくると、トレードの質が劇的に変わります。

相場は、パターンの組み合わせです。

自分のパターンが増えるということは、自分のトレードに明確な理由付けが出来るようになる、ということです。

こじ付けでは駄目ですが、トレードチャンスも増えますし、撤退の仕方も上手になります。

「日足を見ると○○だから、目線は上目線」

「次に4時間足ではこうだから、こういう動きの可能性がある」

「次に1時間足ではこうだから、こういう動きの可能性がある」

「次に、短期足ではこうだから、今は上昇トレンド継続だ」

「じゃあ、どこでロングエントリーすればいいか?」

ということを、繰り返すんです。

「なんか上がりそうだから、ポチっと」じゃあないんです。

相場状況を確認し、どこでエントリーすれば、優位性が高いのかを判断するのが、テクニカル分析です。

「ここまで引き付けて、反発するようならエントリー!」という考えでトレードするから、負けも小さいですし、しっかり利益も取っていけるんです。

問題は、そういった『基準』を見つけられるか?です。

先ほど、相場はパターンの組み合わせと書きましたが、エントリーや損切に関しては、ある程度パターン化出来ます。

ですから、それらのパターンさえ知っていれば、行き当たりばったりのトレードで、一喜一憂しなくすみます。

あとは、「どれだけ利を伸ばせるか?」ですが、これは本当に難しいです。

これは相場次第ですので、損切と違って操作できません。

エントリーは、エントリーしないというコントロールが出来ますし、損切も好きなときにクリック一つで損切出来ますが、利を伸ばすのは、レートが利益方向に進んでくれないと、伸ばせませんので、コントロール出来ません。

ある程度、予測は付きますが絶対ではありません。

利確に関しても、ここを超えれば保有、ここまで戻されるようなら利確と、ここでも『基準』が重要になってきます。

だから、『基準』があることで、冷静にチャートの動きを監視しながら、対応することが出来るようになります。

(プロスペクト理論が作用するので、絶対冷静とは限りませんが・・・)

この『基準』というのは、トレード手法によって変わります。

ボリンジャーバンドの人や、MACDの人や、フィボナッチの人など様々です。

たくさんのインジケーターを使用して、複数の『基準』を設けてトレードしている人もいますが、同時に複数の『基準』を設けたからと言って、勝てるとはかぎりません。

ロキソペは、移動平均線と自分で引いたラインだけしか、使っておりません。

なぜたくさんのインジケーターを使わないのか?

なぜこの2つから導きだされる『基準』だけで勝てているのか?

その辺は、また次回に記事にしたいと思います。

ロキソペのトレードに興味をもってくれた方は、不定期ではありますが、LINE公式でいろいろシェアしているので、一番下から友だち登録して、覗いてみて下さい!!

友だち登録してくれた方には、期間限定でプレゼントもありますよ!

ロキソペ式トレード総合マニュアル
無料プレゼント中!!

FXで勝つために必要なことは、意外と簡単なことだったりします。
みなさん、そこに気付くまでに教えてくれる人がいないから遠回りしているだけです。

このレポートは、「長期的に資金を増やすために必要なこと」を、コンセプトに作成したレポートです。
「FXで勝ち組になるため」に必要な実践的内容が、ギッシリ詰まっております。

Twitterではトレード中のリアルタイムの思いや、ポジション状況を中心に、FX以外のことも含めつぶやいています。
>LINE公式登録で無料プレゼント実施中!!

LINE公式登録で無料プレゼント実施中!!

LINE公式では、ブログではなかなか言えない登録者限定公開記事や、未公開動画を配信していきます。 また、即時性のある情報も流していきますので、FXで本気で稼ごうとしている人だけ、登録お願い致します。登録特典として、期間限定でトレード日誌(Excel版)を無料プレゼント中です!!(予告なく無料プレゼントは終了いたします。ご了承ください)注:業者の方の登録は、受け付けておりません。

友だち追加

CTR IMG