レジサポの考え方・戦略!!

どうもロキソペです!

上がるか?下がるか?の相場ににおいて、レジスタンス(上の壁)とサポート(下の壁)に対する考え方は非常に重要です。

トレード手法によって、水平線のレジ・サポを基準にする人もいれば、レジスタンスラインや移動平均線を、レジ・サポの判断に使う人もいるでしょう。

今日は、何のラインを使うにしても、共通するレジ・サポについての考え方を、書いていきたいと思います!

ランキングエントリー中です!!【応援クリック】よろしくお願いいたします
ランキング急上昇!!!現在のランキングは?=何位?


人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

「上がる」「下がる」ということは??

上昇トレンドや下降トレンド、レンジ相場においても結局、相場は上がるか?下がるか?しかありません。

レンジ相場においても、細かく上がったり、下がったりしているだけです。

「buy」と「sell」のパワーバランスを見る際に

「下がる」ということは、言い換えれば「上がれないから、下がる」又は、
「上がれないから、下がりやすくなる」

「上がる」は「下がれないから、上がる」又は、
「下がれないから、上がりやすくなる」

と言うことです。

「当たり前じゃん」と思ったでしょうが、これをトレード中に、チャート分析から読み込めないから、負けるんです。

では、どうやって判断するかというと、レジ・サポによって判断します。

レジスタンスに上値を抑えられる=上がれない⇒下がりやすくなる

その後、サポートを突破して下落=下がる

つまり、チャートでレジ・サポに対しての動きを見れば良いんです。

トレードシナリオも、こういった考え方で構築すれば良いんです。

「ここで反発されたら、こうだから、ここでエントリー」
「その後ここを抜ければ、こうだから、次はここを抜けるかで、利確をどうするか」

みたいな感じです。

レジ⇒サポ、サポ⇒レジ!!

ロキソペの手法の場合は、「水平線」と「トレンドライン」を主に、レジ・サポを考えます。

あるパターンでは「移動平均線」もありますが、その話はまたの機会します。

レジ・サポは突破されると、反対の機能を持つラインになります。

つまり、レジスタンスはサポートになり、サポートはレジスタンスになるわけです。

水平線の場合

USDJPYの15分足

この現象は、どの時間足でも現れます。

USDJPYの4時間足

トレンドラインの場合

USDJPYの4時間足

トレンドラインの場合は、水平線と違って、若干の誤差があり、抜けた後タッチ前に反転する場合もあれば、少し突っ込んで反転する場合があります。

レジ・サポの力関係!

レジ・サポには力関係があります。

単純に言えば、上位足の方が、強力に機能します。

5分足<15分足<1時間足

4時間足水平線サポートで反発上昇し、1時間足の移動平均線のレジスタンスが上にある場合、

「4時間足水平線サポート VS 1時間足の移動平均線レジスタンス」 

の攻防戦になります。

通常、4時間足水平線サポートが勝つ確率が高いです。

この条件に背景を加えると、さらに勝つ確率が高くなります。

相場の流れが上昇で来ていて、上昇トレンドラインでサポート反発し、4時間足水平線を上に突き抜けたあと、戻って来て抜けた水平線(4時間足)がサポートとして機能した場合、

上昇トレンド+4時間足水平線サポート VS 1時間足の移動平均線レジスタンス」

この状況だと、1時間足の移動平均線レジスタンスを、上に抜ける可能性が、さらに高くなります。

しかし、これだけの条件が揃っているのに、1時間足の移動平均線のレジスタンスが勝つと、「これだけ強力な上昇の、上値を抑えられた!」という、違和感が生まれます。

こうなると「ここで上値を抑えられたということは、上昇相場が終わるかもしれない」と考え、「このまま4時間足水平線サポートまで戻され、レンジになるか、そのままサポートトレンドラインも突き抜け、下降トレンドに突入するかもしれないな」と考えられます。

レジ・サポからの戦略

「サポートトレンドライン下抜けで、下目線固定で攻めよう」

「サポートトレンドライン下抜けの前に、4時間足水平線下抜けで、サポートトレンドライン下抜け期待で、sellで入ろう」とか、戦略が出来上がってきます。

あとは利益を伸ばすのも、同じ考え方です。

レジ・サポを意識出来るようになれば、自然に複数の条件が重なるポイントが見えてきます。

「水平線のレジスタンス+トレンドラインのレジスタンス」とか、そこは強力なレジスタンスになります。

ロキソペのトレード日誌の記事でも「○○と○○が重なっていたので反発でエントリー」など、書いてあるときがあると思います。

ですから、ポジションを持っている状態で、その強力なポイントに近づいてきたときは、「ここは強力に機能しそうだから、利確しておこう」となります。

また、「これだけ条件が重なっているのに抜けたから、そっちについていこう」と考え、利確のあとに、再度入り直すこともできます。

あとは、こういった考えを持って、日々トレードを繰り返すだけです。

相場の流れが見えてくると、トレードも楽しくなってくるし、ストレスも無くなってくると思います(^^)/

あとは、ポイント、ポイントで利益を取って行くだけです。

ロキソペのトレードに興味をもってくれた方は、不定期ではありますが、LINE公式でいろいろシェアしているので、一番下から友だち登録して、覗いてみて下さい!!

友だち登録してくれた方には、期間限定でプレゼントもありますよ!

ロキソペ式トレード総合マニュアル
無料プレゼント中!!

FXで勝つために必要なことは、意外と簡単なことだったりします。
みなさん、そこに気付くまでに教えてくれる人がいないから遠回りしているだけです。

このレポートは、「長期的に資金を増やすために必要なこと」を、コンセプトに作成したレポートです。
「FXで勝ち組になるため」に必要な実践的内容が、ギッシリ詰まっております。

Twitterではトレード中のリアルタイムの思いや、ポジション状況を中心に、FX以外のことも含めつぶやいています。
>LINE公式登録で無料プレゼント実施中!!

LINE公式登録で無料プレゼント実施中!!

LINE公式では、ブログではなかなか言えない登録者限定公開記事や、未公開動画を配信していきます。 また、即時性のある情報も流していきますので、FXで本気で稼ごうとしている人だけ、登録お願い致します。登録特典として、期間限定でトレード日誌(Excel版)を無料プレゼント中です!!(予告なく無料プレゼントは終了いたします。ご了承ください)注:業者の方の登録は、受け付けておりません。

友だち追加

CTR IMG